ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

今季ワースト「79」 松山英樹はパー3で“2周目”も池ポチャ

2021/06/06 09:07


◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 3日目(5日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7543yd(パー72)

「ほんの少しのズレ」だと松山英樹は言う。わずかなほころびが途端に混乱につながるのがゴルフの怖さ。7年前にPGAツアー初優勝を飾ったコースでも、それは起こり得る。15位で進んだ決勝ラウンドの始まりは痛恨の「79」。2020-21年シーズン、そして「マスターズ」優勝後のワーストスコアが刻まれ、54位に順位を下げた。

<< 下に続く >>

初日の悪天候の影響で、この日は第2ラウンド未消化分の残り4ホールから再開した。リスタートして2ホール目の16番(パー3)でティショットをグリーン左手前の池に入れてボギーにしながら、前日の貯金が生きて「68」。3アンダーの15位で迎えた第3ラウンドで突然リズムが乱れた。

バーディ確実と思われた5番(パー5)で1m強のパットを外し、続く6番の第2打は風に悩んだ末に手前の花道に落とし、アプローチを寄せきれずボギーが先行した。ショートパットの修正ができず、8番(パー3)で2つ目。9番の2mバーディパットはカップ際を過ぎ、パターが宙を舞った。

さらに3つのボギーが13番までにかさんだ。ティイングエリアが前になった323ydの14番、右サイドの池を恐れず1Wでグリーン手前のカラーまで運んでようやく最初のバーディ。その興奮もむなしく16番(パー3)では、第1打でこの日2度目の池ポチャ。3パットも重なってトリプルボギーを喫した。

優勝争いが遠のく通算5オーバーの54位。第1打のスコア貢献度を示すストローク・ゲインド・オフ・ザ・ティは「+3.825」で全体1位にいるが、1Wショットの充実度も「悪くはないですけど、良くはない」と慰めにはならない。

ミュアフィールドビレッジGCのドライビングレンジでは、左サイドの練習用ボール置き場の前が松山お決まりの打席エリア。居残りを始めるや否や、どこからか持ってきたパイプ椅子にどかっと座って「あー、もう」と、ひと休み。駆け寄ってきた子どもたちに自らサインをしてから打ち始めた。(オハイオ州ダブリン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!