ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

「悪いなりにそこそこできた」 松山英樹はメジャー連勝ならずも…

2021/05/24 08:31


◇メジャー第4戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(23日)◇キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース (サウスカロライナ州)◇7876yd(パー72)

「76」をたたいて優勝争いが遠ざかった3日目は、何より「ゲームを壊したのが悔しかった。悪い流れを戻せなかった」。首位と8打差で迎えた最終日も、松山英樹の頭にはトップのことがあった。2番(パー5)で1Wショットを左のペナルティエリアに打ち込んでダブルボギー。「優勝の可能性がだいぶなくなってしまった」と嘆きつつ、試合は投げなかった。

<< 下に続く >>

前日までとは異なる南西からの風で、コースの攻め方は一変した。「きょうこの風が吹くと分かっている時点で、頭に入れていた」と松山は柔軟に対応し、4バーディ、2ボギー1ダブルボギーでまとめた。通算1オーバーのまま23位でフィニッシュ。「きょうはオーバーパーを打たなくて良かった」と自ら及第点をつけた。

「72」で終えられたのは、フォローの風を受けた終盤ホールでスコアを伸ばしたから。15番でフェアウェイから残り129ydの2打目をピンそば1mにつけてバーディ。グリーンの手前に池が構える実測231ydの17番(パー3)は6Iでピン左4mを攻めた。「ちょっとミスだったが、フォローだったので良いところについてくれた」と4つ目のバーディ。「後半になって少し良くなったところで終わってしまったのが残念」。復調も感じられた。

マスターズ王者として臨んだ初めてのメジャーは、“ブランク”が敵として立ちはだかった。前週「AT&Tバイロン・ネルソン」で約1カ月ぶりにツアーに復帰し、急ピッチで調整を進めた。今大会は週末に肩回りの筋肉を気にするシーンがあった。「しばらくゴルフをやっていなかった代償です」。その中で2試合とも4日間を戦い抜き、「昨日の後半だけが特別悪かっただけで、悪いなりに『そこそこ』はできた」と地力を発揮した。

ひとつメジャーを獲ったことで「変なプレッシャーはない」と解放された気分でもいる。次週をオフとして6月3日(月)開幕の「メモリアルトーナメント」(オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC)に出場。2014年にPGAツアー初優勝を飾った試合にメジャータイトルを引っ提げて帰る。

「これだけ風が吹いた中で、なかなか対応することができなかった。基本的なショットとパットを調整できればアジャストできる。しっかり、もう一回作りたい」。グリーンジャケットに袖を通しても、燃え尽きた様子はない。(サウスカロライナ州キアワアイランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!