ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/06〜05/09 場所:クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

2021年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/06〜05/09 場所:クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

早とちりから往復3000キロ それでも筋トレはするデシャンボーのいちばん長い日

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 3日目(8日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7521yd(パー71)

命拾いの予選通過となった。ブライソン・デシャンボーは2日目の後半7番(パー5)でトリプルボギーをたたくなどし、「74」とスコアを落とした。

<< 下に続く >>

通算3オーバーでホールアウトした時点で90位に沈み、予選落ちを確信。「荷造りして家に帰り、来週の準備がしたかった」と帰路に就いた。

コースのある米南東部のノースカロライナ州シャーロットから自宅を構える米南部テキサス州ダラスまで、約1500キロをプライベートジェット機で3時間かけて飛んだ。

その間、コースでは強風が吹き、後続の選手たちのスコアが落ち始めた。空港に到着した30分後にカットライン上の64位で予選通過したことに気づいた。

棄権することも頭をよぎったが、「大会にも申し訳ない。がっかりさせたくなかった」。すぐにコースに戻るためのジェット機を手配し、深夜便で戻ることにした。

それでもいったん自宅に立ち寄り、1時間のトレーニング。夕飯を食べ、午後8時に就寝した。日付が変わり、午前2時45分のフライトでダラスからシャーロットへ。5時45分に空港に到着し、コースには6時20分に戻ってきた。8時10分のティオフまでしっかりと時間を確保できた。

「今朝は簡単ではなかったが、気持ちは充実していました。とても疲れていたけど、きょうは素晴らしいゴルフでしたし、とてもうれしい」。3日目は5バーディ、1ダブルボギーの「68」でプレーし、首位と8打差の通算1アンダー23位に浮上した。

24時間で往復3000キロの長旅だったが、上位進出への可能性も残した。「お金のかかるミスをしてしまった。あまりにも高くつきすぎた」。ツアー8勝の27歳にとっては、大きい教訓となったようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!