ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

フィナウ 2年前のリベンジへ「僕にはビッグタイトルが必要」

◇メジャー第3戦◇マスターズ 2日目(9日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

タイガー・ウッズが劇的なメジャー通算15勝目を達成した2019年「マスターズ」で、トニー・フィナウはウッズとともに最終日最終組を回っていた(その年は悪天候の影響で3サムとなり、もう一人はフランチェスコ・モリナリ)。迎えた12番(パー3)。フィナウはティショットを池に入れてダブルボギー。13番以降に3つスコアを伸ばしたものの、ウッズには2打届かなかった。

<< 下に続く >>

「ポジティブに考えれば、2度目のマスターズでサンデーバックナインにしっかりとチャンスをつかめてその雰囲気を味わえたことは良かった。だけど、その週、特にサンデーバックナインではとても調子が良かったので、12番で正しいショットを打てなかったことで優勝を逃してしまったという気持ちもある」と、同年5位に終わったフィナウは言う。

「マスターズ」は過去3度出場してすべて予選通過。トップ10も2回ある。今年は初日「74」で30位と出遅れたが、2日目に1イーグル6バーディ、2ボギーの「66」で通算4アンダーとして6位に浮上。首位との差も、9打から3打に詰めて週末へ向かう。

ツアー屈指の飛ばし屋だが、今週は正確性がより重要だとフィナウは言う。「今日は15番で完璧なティショットを打って、2打目は8Iで可能な限り高い球を打ってピンハイに落としたのに、グリーン奥のエッジまで行ってしまった。18年とか19年は、5Iや6Iで打っても問題なくグリーンに止まっていたから、今年はまったく状況が違う」

リーダーボード上位にいるジャスティン・ローズジャスティン・トーマスウィル・ザラトリスブライアン・ハーマンらの名前を出し、「彼らは“正確性”のある選手たちだから驚きはない」と力を込めた。

フィナウ自身にとって、メジャー制覇は喉から手が出るほど欲しいタイトルだ。これまで、「ライダーカップ」や「プレジデンツカップ」のメンバーにも選出され、世界ランキングでもここ3年は10位台をキープしている。だが、優勝はプエルトリコでの1勝のみ。18年以降、プレーオフで3戦全敗と惜しいところまで行きながら勝ちきれていない。

「もちろん、自分にビッグタイトルが必要なことは分かっている。そのことが僕のハングリーさを保ち、謙虚にしてくれている。これまでのキャリアは成功したキャリアだと思うけど、決して勝利に恵まれたキャリアじゃない。それにはビッグタイトルが必要なんだ」

2年前につかみそこねたタイトルを再び目指す週末になる。「すべての目が自分と、自分の組に注がれるようなマスターズがまたあるかどうかはわからない。それはタイガーがいたからというのはわかっている。だけど、あの状況に置かれたときの感触や雰囲気は味わった。もし同じ場面になったら、今度はもう少しうまくやれると思う」と視線を上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!