ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/8番(パー5、570yd)

2021/03/29 19:00


ゴルフの祭典「マスターズ」は4月8日(木)に開幕する。今年で10回目の出場となる松山英樹が会場のオーガスタナショナルGCの全ホールを解説。グリーン周りにバンカーがないパー5は世界的にも珍しい。打ち上げの8番は別の部分でワナを仕掛けている。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<< 下に続く >>

2020年大会の平均スコアは「4.83」と全体で15番目の難度だったが、イーグルは4日間で1つしか出なかった。第1打は右ドッグレッグ、2打目以降は左ドッグレッグという見え方の、“S字”のパー5で2オン成功は至難の業だ。

「ティショットは左の林を狙って打つような感じになる。ここも右サイドのフェアウェイバンカーが深く、アゴに近い位置からの2打目は距離を出せない」。3打目を前に、どうしても越えておきたい難所がある。それが「グリーンエッジまで残り120~130yd地点にある大きなこぶ」。この手前からのショットはグリーン面が見えず距離感をつかみづらい。

第1打はフェアウェイバンカーの左が落としどころ。「ただ、左サイドからの2打目はグリーン手前の大木が邪魔で、大きなフックをかけていく必要がある」。タイガー・ウッズをはじめ、フォローで体を大きくひねるフィニッシュを見せる選手も多い。

グリーン周辺にはバンカーも、ペナルティエリアもない。それでも一般的なパー5とは違うのが、必ずしもグリーン周辺から寄せるのが得策とは言えないところだ。

「グリーンが縦長で、特に右横からのアプローチは狙えるスペースが本当に狭い。2日目、3日目に切られることが多い右の奥のカップ周辺は“馬の背”のようになっていて、左右3yd、縦5ydくらいしかないところに止めなくてはいけない。ある程度、距離を長く残したほうが寄る可能性がある

イーグルの数が少ないのは、そもそも2オンを狙うプレーヤーが比較的少ないから。「ティショットをフェアウェイバンカーに近いサイドに打って、セカンドでグリーンの手前を狙うのが最高のルートです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!