ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/7番(パー4、450yd)

2021/03/28 20:03


ゴルフの祭典「マスターズ」は4月8日(木)に開幕する。今年で10回目の出場となる松山英樹が会場のオーガスタナショナルGCの全ホールを解説。横長のグリーンを5つのバンカーが取り囲む7番で注意すべきポイントとは。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<< 下に続く >>

グリーン上の攻められるエリアが絞られているオーガスタナショナルGCでは、“逆算”のマネジメントがより重要になる。松山はストレートホールの7番について「ここは特にグリーンから話をしたい」と言った。

「まずグリーンの縦幅が20ydしかないところが難しい。ピンが立つ一番狭い左右のエリアは8ydしかない。しかも打ち上げになる2打目地点からは、落としどころがほぼ見えないんです。奥のバンカーからはピンに寄らない。逆に手前のバンカーからなら…と思うけれど、これも打ち上げでグリーン面がまったく見えないショットになる」

難しいアプローチを避けるため、とにかく2打目でグリーンに乗せておきたい。「見えないターゲットに対しては自分の中の距離感が本当に重要になる。合わせるためには、どうしてもフェアウェイから打ちたい。でもそう考えると…、ティショットで心理的にフェアウェイがすごく狭く見えるんです」

第1打はほとんどの選手が1Wを握る。「ティイングエリアでは左サイドの木が気になる。フェアウェイは右サイドが左から右に下っているので、フェードボールでフェアウェイにぶつけると、右ラフまで転がっていく」。打つべきボールはドローか、低いストレートだ。

ティショットを曲げた場合はバンカー手前のフェアウェイに刻むのがセオリー。グリーンを無理に狙いに行って奥のバンカーに入れてしまうとノーチャンス」。第1打がトラブルになった場合、2打目で無理をしない勇気も必要になる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!