ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は2連敗で敗退決定 最終マッチは“消化試合”に

2021/03/26 06:45


◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 2日目(25日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

松山英樹はグループリーグ2連敗で、26日(金)のマッチ最終戦を残して決勝トーナメント進出の望みが絶たれた。ブライアン・ハーマンを相手に1ダウンで敗戦。終盤の追い上げも実らなかった。

<< 下に続く >>

前日の第1マッチを落とし、互いに負けられない戦いで松山はこの日も劣勢の時間が長かった。1ダウンで迎えた6番(パー5)で、3mのバーディパットを決めてオールスクエアに戻したが、159ydの11番(パー3)で第1打をグリーン右手前の池に落として再び後退。パワーでは終始優勢でも、続く12番(パー5)では右ラフからの第2打を3Wで左の池に突っ込んでパーとするなど、流れを引き戻すプレーがなかなか出なかった。

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 2日目 ハイライト 松山英樹
2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 2日目 ハイライト 松山英樹
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

9番、16番でアイアンショットの精度を見せつけ、記録上は6つのバーディを奪ったが、主導権は常にノーボギーで回ったハーマンにあった。13番(285yd)ではともに1オンに成功した後、7mのイーグルパットを先に決められカップに“ふた”をされた。2日続けて一度もリードした状態を作れていない松山はグループリーグ最終戦でパトリック・カントレーと対戦する。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!