ニュース

米国男子WGCワークデイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

「クラブを持つ仕事は終わりかもしれないが…」 マキロイはウッズ生存の奇跡に安堵

◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 事前情報◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

自動車事故で足の複数箇所を骨折する大けがを負ったタイガー・ウッズについて、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は24日、ウッズが一命をとりとめた「奇跡」を喜んだ。

<< 下に続く >>

マキロイは大会開幕前日の会見に出席し、ウッズの復帰について問われると「彼はスーパーマンではない」と返した。「つまりは彼も人間なんだ。でも今の段階では、彼がここにいること、生きていること、彼の子どもたちが父を失わなかったことを喜ぶべきだと思う。今はそれが一番重要で、ゴルフができるかどうかは考えることでもない」

マキロイは「ひどい事故にあったにもかかわらず、まだ生きているのは幸運」と話し、ウッズのツアー復帰については多くを望まなかった。さらに「もちろん、プレーするために戻ってきてほしいと望んでいる。ただそうできなくても、彼はゴルフの一部であり続けると思う。コースデザインのビジネスだったり、財団や大会ホストとしての役目だったり。天才がクラブを持ってする仕事を見ることはもう終わりかもしれないが、彼がゴルフ界に影響を及ぼす術は他にいくらでもある」と現役を離れることを覚悟した様子も見せた。

ウッズの事故は運転していた自動車が大破し、現場に駆け付けたロサンゼルス郡の保安官が「生存していたのは幸運だった」と話すほどだった。搬送された病院で緊急手術を受け、右足を粉砕骨折し、脛骨と腓骨、足首をボルトなどでつないだ状態にある。

米ゴルフチャンネルの取材に答えたジョン・トーレス医師(ウッズの治療には関与していない)は、骨が飛び出た皮膚周辺からの感染症を懸念した。骨折自体は6週間で治る見込みと話したが、足首の負傷が前に歩くことへの「おそらく最も大きな問題になる」と指摘した。迅速な処置がなければ、筋肉と軟部組織の腫れが循環低下から神経への損傷を引き起こし、最悪の場合は切断の可能性もあると見解を示していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCワークデイ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!