ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月23日>

2014年 ジェイソン・デイがWGC初制覇

世界ランク上位64人が集結した「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、当時26歳のジェイソン・デイ(オーストラリア)が5日間6試合にわたる戦いを制して初のWGCタイトルを手にした。

ジャック・ニクラスが設計したアリゾナ州ツーソン近郊のリッツカールトンGCを舞台に、最終日の午前中はリッキー・ファウラーとの同世代対決による準決勝に臨んだ。ファウラーを3&2で退けたデイは、午後の決勝で初出場となる3つ年下のビクトル・デュビッソン(フランス)にぶつかった。

前半終了時点でデイが3アップと優勢だったが、ドーミーホールの17番でバーディパットをねじ込まれ1アップで18番へ。最終ホールでは3パットのボギーを叩いてしまい戦いはエキストラホールへと持ち越された。

延長ではデュビッソンの粘りで目が離せない展開に。2ホール目の9番では、ティショットを小さなサボテンが生息するネイティブエリアに打ち込んだデュビッソンがアプローチをピンそば2mにつけてパーセーブ。デイも思わず苦笑いを見せた。一度もリードを許さなかったデイが最終的に5ホール目で意地を見せて勝ち切った。

デイは「ビク(ビクトル)の粘りは信じられなかった。ジョーダン・スピースと若い頃のタイガー・ウッズ以外に、あんな若手は見たことがない」と対戦相手を称賛。2010年「HPバイロンネルソン選手権」以来、4年ぶりのツアー2勝目となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!