ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 場所:ターンベリー(スコットランド)

3年ぶりの制覇を狙うタイガー、スタートダッシュが鍵となるか

1995年セント・アンドルーズGL開催にアマチュアとして初参加したタイガー・ウッズは、2000年、2005年、2006年と3度「ジ・オープン・チャンピオンシップ」を制している(プロとしては11回参戦)。昨年は膝の手術のリハビリの為、欠場をせざるを得なかったタイガー。そのタイガーが、大会連覇中のパドレイグ・ハリントンの3連覇をストップし、自己のメジャー優勝数を「15」に伸ばすことができるかどうかに注目が集まっている。

第138回「全英オープン」の会場となるターンベリーは、タイガーにとって初挑戦となるコースとなる。ターンベリーが「全英オープン」の会場になったのは1994年以来のこと。2006年大会で優勝したロイヤル・リバプールでは、初挑戦ながら2番アイアンを多用してコースをうまく攻略した。

<< 下に続く >>

タイガー自身がホストを務めた2週間前の「AT&T クラシック」では、最終日に落ち着いたプレー振りで今シーズン3勝目を挙げている。ここまでのメジャー戦は、「マスターズ」、「全米オープン」とも6位タイで終了。両試合とも初日、2日目で少し出遅れてしまった分が負担になった感じがある。これまでのメジャー制覇はすべて3日目までのリードを守り切ったタイガーとすれば、やはり好スタートダッシュが鍵となる。

タイガーは、7月12日(日)から現地で練習ラウンドを始めている。13日の月曜日は早朝5時45分から2回目の練習ラウンド開始。18ホールの練習ラウンドを終えた後、インタビューに答えた。「これまで聞いていたよりも実際はとても難しいコースに感じる。もっと(コースの勉強の)宿題をこなさないといけない」と話し、ティショットで使うクラブに関しては「ドライバーはバッグの中に入れてあるが、どこでどのように使うかはまだ分からない」と説明した。また、キャディのスティーブ・ウィリアムスは15年前の94年大会でレイ・フロイドのキャディをしている。

5月から雨が降ることが多かった影響でキャリーの飛距離を重視したタイガーは、使用クラブのロフトを8.5度から10度のモデルに変更している。風が重く強く吹くスコットランドのリンクスコースでは、ロフトの少ないドライバーに変更したり、5番ウッドの代わりに2番アイアンを入れるという選択もあるだろう。

英国ブックメーカーから発表されている優勝人気ナンバーワンは、もちろんタイガー・ウッズ。3倍というオッズは、2番手のガルシア(22倍)、3番手のウェストウッドとマキロイ(26倍)と比べて差が歴然としている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!