ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月12日>

1984年 衝撃の敗戦から一年 ジャック・レナーがリベンジV

PGAツアー「ハワイアンオープン」でジャック・レナーがツアー通算3勝目を挙げた。

最終18番(パー5)でバーディを奪い、首位を走っていたウェイン・レビに並ぶ通算17アンダー。決めれば優勝という1.2mのバーディパットをレビが土壇場で外し、勝負はプレーオフにもつれ込んだ。プレーオフ2ホール目でレビが短いパーパットをミス。レナーが丁寧にウィニングパットを沈めて決着をつけた。

<< 下に続く >>

レナーにとってPGAツアーでの最後の優勝には、一年前から“伏線”があった。前年大会最終日の1983年2月13日。18番で2オンに成功したレナーはイーグルパットこそカップに蹴られたものの、バーディ締めで通算19アンダーと単独首位でホールアウトした。

すぐ後ろの最終組をプレーしていた青木功がティショットを右ラフに入れ、2打目も左ラフ。PWで放った青木の3打目はピンの手前でワンバウンドして吸い込まれ、逆転のチップインイーグルとなった。

後にレナーは少し離れた18番グリーンの大歓声を聞いた瞬間を「青木がバーディチャンスにつけてプレーオフが決まったのだと思った」と振り返った。日本人初のPGAツアー優勝を成し遂げて歓喜する青木、敗戦を受け入れられずにスコア提出所でペンを握ったまま呆然とするレナー。残酷なコントラストは大会の名シーンとして語り継がれている。

レナーが制した84年大会にはディフェンディングチャンピオンの青木も出場し、通算9アンダー13位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!