ニュース

米国男子ザ・アメリカンエキスプレスの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・アメリカンエキスプレス
期間:01/21〜01/24 場所:スタジアムコース(カリフォルニア州)

18ホールぜんぶパー 50歳ミケルソンが2201ラウンド目で初珍事

◇米国男子◇ザ・アメリカンエキスプレス 2日目(22日)◇PGAウエスト(カリフォルニア州)◇スタジアムコース(7147yd)、ニクラストーナメントコース(7181yd、いずれもパー72)

18個のパーが並んだ“キレイ”なスコアカード。フィル・ミケルソンのPGAツアーでのキャリア2201ラウンド目にして初めてのことだった。「僕はフェアウェイを捉えて、グリーンのセンターを狙って、簡単なパーを獲れるようにしている。初めてというのはショッキングだね」と言った。

<< 下に続く >>

比較的易しいニクラストーナメントコースを回った初日に2オーバー132位と出遅れ、巻き返しへバーディ量産が必須となっていたスタジアムコースでの2日目。パーオンを逃したのは5ホールだったが、グリーン上で30パット。最終18番も同組のリッキー・ファウラーパトリック・カントレーより2打目を内側につけながら、3m弱のバーディパットはカップの脇をすり抜けた。

通算2オーバー125位で予選落ちとなった大会ホストは「ドライビング、アイアンのプレーとポジティブなことはたくさんある」と前を向きつつ「スコアカードをみると情けないね。それは否定しない」と本音が漏れた。

昨季はプレーオフシリーズが始まった2007年以来、初めて「BMW選手権」の出場を逃す悔しさを味わった一方、チャンピオンズツアー(シニアツアー)では2戦2勝と鮮烈なデビューを飾った。

2021年の初戦を前に「PGAツアーでもっと多くの試合に出場して、ライダーカップ出場へ向けてランキングを上げていきたい。でも、もし序盤でいいプレーができなければ、チャンピオンズツアーでもう少しプレーするかもしれない」と揺れる胸中も吐露していた。

次戦「ファーマーズインシュランスオープン」が行われるトーリーパインズGCは、キャリアグランドスラムへ最後の関門となっている「全米オープン」の2021年大会会場でもある。「サンディエゴに向けて準備をする」と地元での一戦に気持ちを切り替えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・アメリカンエキスプレス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!