ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹、3年ぶりのカパルアも「自分の力で獲った資格」

2021/01/06 11:05


◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 事前情報(5日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

3年ぶりにカパルアから一年をスタートする松山英樹は、開幕2日前の火曜日にアウト9ホールをプレー。前日朝にマウイ入りし、あす水曜日のプロアマ戦で最終調整をする。

<< 下に続く >>

直近に出場した2018年と比べると、コース全長は144yd伸びている。「結構変わっているところが多いので、うまく合わせられれば」と松山。過去3度の出場はいずれも5位以内の好成績を残しているが、「良いプレーができたら上にいる。過去3回とも、それなりに良いプレーができた」と、相性よりも状態の良さが好成績につながったと分析する。

今年も幸先よくスタートダッシュを決めたいところだが、12月初旬に2週間ほど風邪を引いていたそうで、「そのあとに取材や仕事が1週間半くらいあったので、ちゃんと動き始めたのは年末くらい。1カ月ほどなにもしなくて、ちょっと身体はなまっています…」と苦笑い。風邪ですら不安を覚える時期だが、「怖かったけど、味覚もなくならなかったし、鼻水が出ていたらコロナじゃないっていうのも聞いていたので…」と安静にしてやり過ごしたという。

だが、それももう去年のことだ。今大会は今年のみ出場資格が変更されて、本来ならば前年のツアー優勝者だけのフィールドに、最終戦「ツアー選手権」の出場者も加えられた。松山はその“特別枠”での出場だが、「変則になったけど自分の力で獲った資格。ここからスタートできることは良いことなので、頑張りたい」と好機を無駄にするつもりはない。

42人のフィールドは、予選カットのない4日間。勝負のサンデーバックナインまで、時間はたっぷりある。(ハワイ州カパルア/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!