ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

爆発の前半と我慢の後半 小平智は“久々”の予選通過

2020/11/07 11:39


◇米国男子◇ビビント ヒューストンオープン 2日目(6日)◇メモリアルパークGC(テキサス州)◇7432yd(パー70)

小平智が予選カットのある米ツアーの試合で週末を迎えるのは、昨シーズンにあたることし1月の「ソニーオープンinハワイ」以来となる。

<< 下に続く >>

2番(パー3)でティショットを1mに絡めてバーディを先行させると、3番(パー5)もきっちり獲って連続バーディ。5、6番では立て続けに7mを沈め、5ホールで4つ伸ばす爆発力を披露した。

「ティショットも良かったし、(グリーンを狙う)アイアンも結構短い番手で打てていた。あとはパターが入っていたのが一番良かった」。パーオン率100%を記録するなど充実の前半を終えて首位と3打差3位につけていたが、後半は一転して我慢の展開になった。

11番(パー3)は13mから3パットでこの日初めてのボギー。12番でもフェアウェイからのセカンドショットを奥に外してスコアを落とし、15番(パー3)で再び3パットボギー。「パターが入らなくなって、タッチもちょっと合わなかった。対照的な前半と後半になってしまった」と振り返った。

スコアは前半「31」に対し、後半「38」。ただ、17番では3mのパーパットをねじ込み、ティショットを左に曲げた最終18番も耐えた。「風を間違えたり、もったいないミスが多かった。本当だったらバーディチャンスに付けられたところをギリギリのパーみたいな形になったので、あんまりしのいだとは思ってない」と貪欲に言った。

4バーディ、3ボギーの「69」で通算1アンダー21位タイ。出場選手全員が4日間をプレーした2週前の「ZOZOチャンピオンシップ」は14位で折り返し、35位で大会を終えた。週末を迎えるポジションとしては2試合連続で上々の位置にいるが、悔しさをにじませるあたり状態が上がってきた証拠だ。

「コースの印象は悪くない。あんまり上も伸びていない。ガンガン攻めて、伸ばしていきたい」と力を込めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!