ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッドの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド
期間:10/22〜10/25 場所:シャーウッド(カリフォルニア州)

今平周吾は飛距離の“呪縛”から解放「いいイメージがつかめてきた」

2020/10/22 12:12


◇米国男子◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 事前(21日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

自身8度目のメジャーとなった9月の「全米オープン」で初の予選通過を果たした今平周吾。「いつかは通らなきゃいけない壁だった。そこをひとつクリアできたという意味では、いいきっかけにはなった」と振り返る。

<< 下に続く >>

海外の舞台では悔しさにまみれてきた日本の賞金王。33位で予選を通過したことで「(少なくとも)2日間はいい感じでゴルフができた。アメリカでのいいイメージがつかめてきた」とターニングポイントになりそうな気配を感じている。

明確に変わったのは意識の部分だという。「そんなに飛距離にもこだわらなくなった」。体格からして違う海外勢にティショットで軽く30ydは置いていかれて力み、ショットがぶれる悪循環から抜け出した。「だんだん、周りも気にせずできるようになった。無理しないというか、それ(飛距離の差を埋めようとする)よりもショットの正確性、精度で戦おうという意識になってきた」と語る。

現時点では11月の「マスターズ」に向けて最後の試合になる予定。「距離的にもロングホールで2オンできるホールもある。そういう意味では、戦えそうかなっていう感じはある。1日3つ(3アンダー)くらいは積み重ねていきたい」。飛距離へのコンプレックスから解放されただけでなく、今週はコースセッティングにも気後れはない。精鋭が集うフィールドで存在感を示したい。(カリフォルニア州サウザンドオークス/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!