ニュース

米国男子ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ツアー選手権
期間:09/04〜09/07 場所:イーストレイクGC(ジョージア州)

「お金よりトロフィ」ダスティン・ジョンソンが最強証明の年間王者

◇米国男子◇ツアー選手権 最終日(7日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

求めてやまなかったタイトルをつかんだダスティン・ジョンソンは、駆け出しの頃の記憶を呼び覚ましていた。

<< 下に続く >>

「2007年にQスクール(予選会)の3ステージすべてを通過してツアーカードを手にしたとき、たしか2万5000ドルの小切手をもらったんだ。銀行口座には数百ドルしかないような頃だったから、金持ちになったなって思ったよ」

2万5000ドルで懐が温かくなっていた青年は、時を経て1500万ドル(約16億円)のビッグボーナスを勝ち取った。「(タイトルスポンサーの)フェデックスには感謝している」とした上で続けた。「お金よりも、このトロフィが欲しかったんだ」

最終戦進出はツアー最長の12年連続(※)。同じくポイントランク1位で乗り込んだ16年大会は最終日首位からロリー・マキロイ(北アイルランド)に逆転でタイトルをさらわれた。

5打差をつけて出たこの日は6番(パー5)までに3バーディを先行させたが、7番、8番と連続ボギーをたたいた。「間違いなくターニングポイント。ビッグパットだった」と胸を張ったのが後半13番。2サム同組のザンダー・シャウフェレに2打差まで詰められて迎えたホールで6.5mのパーパットをカップの奥に当てる勢いでねじ込み、拳を握った。その後も堅実にパーを並べ、最終18番(パー5)を“マンデーバックナイン”唯一のバーディで締めた。

昨年フォーマットの変更を挟んだものの、最終戦をポイントランク1位で迎えて年間王者に輝いたのは09年のタイガー・ウッズ以来と久々の逃げ切りでもあった。シーズン唯一のメジャー「全米プロ」2位、プレーオフシリーズに入っても「ザ・ノーザントラスト」を通算30アンダーで制し、「BMW選手権」はプレーオフ敗退の2位、そして最終戦は10アンダースタートのハンディキャップを生かして通算21アンダーと首位を譲らず完全優勝。シーズン最終盤を圧倒的な強さで駆け抜けた。

出場3試合連続優勝を飾り、初めて世界ランキング1位にも到達した17年の春と比較し「似ているね。でも、もっといいプレーができる気もするんだ」とうなずく。その17年は最高の状態で迎えるはずだった「マスターズ」直前、コース近くに借りた家の階段から転落して腰を強打。無念の欠場を余儀なくされた。

コロナ禍で延期された「全米オープン」が目前に控え、11月には「マスターズ」も待つ。「ワクワクしているよ。明らかにいいプレーができているし、自信を持って臨める」。最強への歩みは止まらない。

※2013-14年シーズンは8月以降の「ツアー選手権」を含めた全試合を欠場するも、ポイントランク30位に入っていたため最終戦進出記録は継続中。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!