ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<8月15日>

1999年 タイガー・ウッズと“神の子”ガルシアの攻防

イリノイ州メディナCCで開催された「全米プロゴルフ選手権」はタイガー・ウッズが苦戦しながらも、19歳のセルヒオ・ガルシア(スペイン)の追撃をかわす展開だった。

第3ラウンドを終え単独首位はウッズ。同年のマスターズでローアマチュアに輝きプロ転向後に欧州ツアーを制したガルシアは首位発進を切ったが、2日目の「73」(パー72)が響き2打差の3位からトップを追った。

<< 下に続く >>

序盤はウッズ優勢。前半に危なげなく3打伸ばすと、後半11番のバーディでガルシアに5打差。ただ、2番以降ボギーをたたかないガルシアの安定感がウッズに狂いを生じさせた。12番でボギー、13番(パー3)ではダブルボギー。一組前のガルシアが13番でバーディを奪っていたため、その差は1打差まで縮まった。

ウッズ人気は揺るがないが、新生の登場に会場のボルテージは高まった。しかしガルシアは15番で痛恨のボギーをたたき、追い上げ切れず。1打差でウッズが逃げ切り、大会初優勝、メジャー2勝目を手にした。

ウッズは翌2000年から01年にかけてメジャー4連勝という離れ業につなげ、ウッズを追い詰めたガルシアは“神の子”としてさらに注目度を高めることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!