ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

シンプソン「ツアーは米国で最も安全」 娘は再検査で陰性

◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 事前(1日)◇デトロイトGC(ミシガン州)◇7340yd(パー72)

2週間前の「RBCヘリテージ」を制したウェブ・シンプソンは家族が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たとし、前週「トラベラーズ選手権」を欠場した。この家族は娘の1人で「扁桃腺が腫れていたそうだ。陽性は驚いたけど、ほかに症状は何もなかった。その後受けた2回の検査はいずれも陰性だった」。自身や妻、ほかの4人の子どもも全員陰性で、2週ぶりに出場する。

<< 下に続く >>

感染者数が世界最多の米国は7月1日の新規感染者が5万2770人と1日当たり最多を更新し、各州が再び経済活動の制限に動き出しているという。世界ランキング5位のシンプソンは「陽性の10人に1人が疑陽性と聞いた。これは大きな数字だね」と語りつつ、マスクの使用や夕食にレストランのテイクアウトなどを使わずホテルのルームサービスを利用し、可能な限り人との接触を避けるという。

「再開して4試合目。この病気がいかに簡単に感染してしまうか、みんな認識している。みんながより(感染防止に対し)厳しくなっているはずだ」。大会ごとに検査を行う米ツアーでは、今大会開幕前にチャド・キャンベルが選手として6人目の陽性者となり欠場を決めたが、前週時点では下部ツアーを含めた選手、キャディ、スタッフら計2757件のPCR検査で陽性者は7人だった。

チャーター機を用意するほか検査体制を充実させるツアー側を称賛し「米国で最も安全な場所はPGAツアーだと思うと先週、コミッショナーのジェイ・モナハンには言ったんだ。検査の数の割に陽性者が7人というのはすごいことだ」と語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!