ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/02〜08/05 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

「問題児」サバティーニが逆ギレ!?観客がヤジで退場処分

先週の「WGCブリヂストンインビテーショナル」最終日、同じ組で回ったタイガー・ウッズロリー・サバティーニ。今年のワコビア選手権でタイガーと最終日、最終組でラウンドし、4打差の敗戦にも関わらず「タイガーはこれまでにないくらい負かすことができる」と豪語したサバティーニ。その発言に対し、タイガーは今季だけで既にサバティーニの生涯優勝回数に達していると皮肉めいて反論。メディアを通じてこの二人の「口論」が繰り広げられていた。

ワコビア以来の二人の再会に注目は集まったが、再びタイガーの圧勝だった。1打差リードで挑んだサバティーニはバーディ発進したものの、タイガーとのバーディ合戦にはついていけず失速。9番ホールをダブルボギーとし、その時点で逆に6打差をつけられていた。

<< 下に続く >>

直後、サバティーニの鬱憤が爆発した。10番ホールに移動中、観客の男性が「まだタイガーを負かすことができると思うか?」とヤジを飛ばした。サバティーニはその男性に食って掛かり、警備員に取り押さえるよう指示。その男性は警官2人にクラブハウスへと連行された。

「ここは俺たちの職場なんだ。仕事をさせてくれ。コース上では礼儀というか、常識を持って欲しい。ビールを飲みすぎていたのかな…」とサバティーニ。

サバティーニといえば、そのせっかちで短気な性格で知られていて、これまでにも何度か問題を起こしてきた。ツアー屈指のスロープレーヤー、ベン・クレインと同組でラウンドをした時は、パッティング中のクレインを置き去りにして次のホールのティショットを打ってしまった珍事はまだ記憶に新しい。

「問題児」サバティーニの周りではなぜかいざこざが絶えない…。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!