ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2008年のPGAツアーシード権を獲得した選手、届かなかった選手

2008年のPGAツアー出場権を巡る最終予選会が終了し、トータル14アンダーまでの26人がシード権を獲得。2006年、ぎりぎりでツアーカードを手にしたボブ・メイは、今年は1打差で涙を呑んだ。

ピーター・トマスーロは9番からの10ホールでバーディをひとつも奪えず、やはり1打差に泣いたほか、ミゲル・アンヘル・カバーロは終盤に崩れてシード権を逃した。一方、最終日に大きく順位を上げてシード権を掴んだ選手、ジョン・メリックは、最終日に順位を29ランク上げてシード権をゲット。リチャード・ジョンソンは、2次予選会の直前に、アイアンをブレード・タイプのものからキャビティ・バックに代える賭けに出たが、それが功を奏したようだ。

また、日本の丸山大輔は129位タイに終わり、来季シード権の獲得はならなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!