ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マスターズ延期に松山英樹「仕方がない」 突然のオフに困惑も

2020/03/14 07:09


男子ゴルフの松山英樹は13日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期(時期未定)されたメジャー第1戦「マスターズ」(ジョージア州・オーガスタナショナルGC)について、主催者の判断に「残念というよりは仕方がない」と理解を示した。単独首位スタートを切っていた米ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」(フロリダ州TPCソーグラス)が12日夜に中止となり、13日午前に会場近くの宿泊先を後にした。

マスターズの延期に先んじて、米男子ツアーは4月初旬までの5大会が中止になった。松山は「驚きはあまりなかったです。いつかは(中止に)なると思っていたところが、ちょっと早まった」と淡々と話した。プレーヤーズ初日に出した「63」が“幻の大会最少スコア”になったが、「なんとも思いません。良いプレーができたという記憶を自分に残せた」とうなずいた。

<< 下に続く >>

米国では11日にドナルド・トランプ大統領が一部諸国を除く欧州からの入国を制限し、13日には国家非常事態を宣言した。その間、全米プロバスケットボール(NBA)がシーズンを中断、メジャーリーグ(MLB)も開幕延期を発表。「もう、こればかりは仕方ない。仕方がないでしょう。他のスポーツが次々とやめていることを考えれば」と押し寄せる自粛ムードを受け止めた。

米国の男女ツアーはともに4月上旬まで試合がなく、他のプレーヤーと同様、松山のスケジュールも白紙になった。ツアーの再開時期を気にしつつ、「まずは自分たちが感染しないように。いまはその可能性がどこに行ってもある」と自身と家族、近い関係者の健康状態を心配した。

突然訪れた思わぬオフに「どうスケジュールを組むか。その後の日程も決まっていないので、分からない」と困惑する様子も見せた。それでも「もし、やる(再開する)となったときに準備をしていないのが一番ダメだから、準備だけはしたい」と気を緩めない。「いまやっていることを続けて、さらにレベルアップをして、次の試合が行われるときにはすごいプレー、いいプレーをしたい」。この日もオーランドの自宅に戻って練習をするつもりだという。

未曽有の事態に「こういう状況で、悲しんでいる人も、苦しんでいる人もいる。元気づけられるように頑張るしかない」と顔を上げた。(フロリダ州ジャクソンビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ

  • 2020/11/12~2020/11/15
  • オーガスタナショナルGC(ジョージア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!