ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/05〜03/08 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

米4勝のスコット・ピアシーが不適切投稿で契約を複数解除

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 初日(5日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

米ツアー通算4勝を挙げているスコット・ピアシーが、SNSへの不適切投稿によってスポンサー契約を解除された。米ゴルフダイジェスト電子版など複数の米メディアが報じた。

<< 下に続く >>

ピアシーは2日、自身のインスタグラムにストーリー機能を使って2つの投稿を行った。最初の投稿では、「Qアノン」に言及。「Qアノン」とはSNS上などでドナルド・トランプ大統領を熱狂的に支持する正体不明の書き手「Q」を中心とする勢力で、FBIから国内テロリズムの潜在的な要因になり得るとも指摘されている。さらに、米大統領選挙の民主党候補者指名を目指していたピート・ブティジェッジ氏に対し、同性愛嫌悪を示す画像も投稿した。

すぐに批判が殺到し、ピアシーは翌日にインスタグラム上で「誰かを攻撃する意図はなかった。謝罪したい」と表明したが、騒動は収まらなかった。

タイトリスト、フットジョイの両ブランドを展開する米アクシネット社はピアシーとの契約を打ち切り、自社サイトから同選手の名前を削除。アパレルメーカーのJ.リンドバーグも、Golf.comを通じて「ピアシー氏の主張は私たちの見解や理念とはほど遠く、受け入れられない。ピアシー氏との契約を解除しました」と発表した。

PGAツアーも米ゴルフダイジェスト誌に対し、「私たちはスコットの思慮を欠いた投稿に失望しました」とコメントを寄せている。

渦中のピアシーはこの日、3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。1アンダー31位タイで初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!