ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCメキシコ選手権
期間:02/20〜02/23 場所:チャプルテペクGC(メキシコ)

415ydを1オン マキロイは“WGCスラム”へ4打差

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 3日目(22日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

ロリー・マキロイ(北アイルランド)がスーパーショットで優勝争いに残った。後半12番、415ydのパー4で1Wを振り切り、1オンに成功して2パットバーディ。標高2250mの高地で、長いクラブは飛距離が18%近く伸びるとは言え、圧巻の飛距離を見せつけた。

PGAツアーの1Wショットのボール初速の平均は時速168マイル(75.1m/s)。LPGAツアーで時速140マイル(62.58m/s)というのが、弾道計測器「トラックマン」のデータだ。テレビ中継で表示された、このショットのマキロイの初速はなんと時速181マイル(80.91m/s)だった。ジャスティン・トーマス松山英樹と回ったムービングデーは終盤に停滞したが「68」。通算11アンダーで4位タイ、首位のトーマスを4打差で追う。

マキロイは前週の「ジェネシス招待」で35インチのパターを使っていたが、今週から愛用する34インチに戻した。パッティングの微調整も完了。「我慢すれば報われるはず」と、昨年11月の「WGC HSBCチャンピオンズ」に次ぐシーズン2勝目を狙う。

WGCはタイガー・ウッズが通算18勝を挙げているが、現行の4つのWGCタイトルをすべて制覇したのはダスティン・ジョンソンだけ(通算6勝)。マキロイは今大会以外の3つを保持しおり、優勝すれば2人目の“WGCスラム”達成となる。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。