ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCメキシコ選手権
期間:02/20〜02/23 場所:チャプルテペクGC(メキシコ)

“最終組”の今平周吾は硬くなったグリーンに苦戦 出遅れた日本ツアー勢

2020/02/21 11:59


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 初日(20日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

2年連続出場の今平周吾は2バーディ、5ボギーの「74」で回り、3オーバーの49位タイで滑り出した。硬く締まったグリーンに苦戦し、ショットでチャンスを多くつくれなかった。首位のロリー・マキロイ(北アイルランド)とは9打差。

今平はインスタートの最終組でプレーした。風が強くなり、グリーンがより締まった時間帯。「セカンドショットもイメージしていたよりも跳ねて行ってしまった。最終ホール(9番)もPSで打って、上り斜面に当たったのに結構行ってしまった」。ティショットでグリーン右奥に運んだ後半1番のバーディで反撃したかったが、オーバーパーに終わった。

「練習日は風がなかった」と振り返った。「去年回ったので、コースは回りやすかった。(高地の)距離感にはだいぶ慣れてきました」というだけに、練習日から変化した環境に適応できなかったのが悔やまれる。

昨年の賞金王のみならず、日本ツアーでプレーするトップ選手は軒並み苦戦した初日。ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が2オーバー41位、ショーン・ノリス(南アフリカ)は4オーバー55位。石川遼が9オーバー70位タイと大きく出遅れた。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。