ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 オークランドヒルズCC(ミシガン州)

全英王者P.ハリントンが「全米プロ」に照準を合わせ最終調整へ

今週、オハイオ州アクロンで、来週開催の今季最終メジャー「全米プロゴルフ選手権」に向けての調整を図るひとりが、「全英オープン」2連覇を達成したパドレイグ・ハリントン。ハリントンがこれまでインタビューで何度も答えた通り、「全英オープン」2勝目を挙げた後の祝勝会は、かなり盛り上がったようだ。

パドレイグ・ハリントン
「1年後、再びみんなで優勝を祝うことができたなんて最高でした。多くの友人や家族、そして、長年、私を支えてくれているスポンサーの関係者が集まり、とても楽しかったです。」

記者
「全英オープンはもともと厳しいコンディションで知られていますが、ここ数年は全米オープン並みの過酷な生存競争になりつつあると思いませんか?」

パドレイグ・ハリントン
「そうは思いません。99年にカーヌスティが論議を呼んだ後は、プレーしやすいコース・セッティングになったと感じます。R&Aはラフを深くしたり、フェアウェイをかなり狭くしたりするのではなく、主にアンジュレーションと風がプレーに影響するセッティングを心掛けていますから、どれもフェアなコースに思えました」

記者
「全米オープンでも全英オープンでも、最終日、トップと大きく離されていない限り、あなたは逆転優勝が十分に可能ですよね?」

パドレイグ・ハリントン
「そうですね。たとえばPGAツアーのレギュラー・イベントなら、初日から2日続けて65前後をマークしないとトップ争いはできません。でも、メジャーでは我慢のゴルフを続ければ、最終日のバックナインでチャンスを手にすることができます。独走している選手もメジャーでは油断できません。トータル・イーブンパー前後で最終日を迎えれば、優勝争いに絡めるでしょう。全米、全英、どちらのコースでも、私のようにいいプレーができればスコアを伸ばし、リーダーをとらえることができます」

記者
「スコットランドとイングランドのギャラリーを魅了し、全英オープン2連覇を達成したわけですが、それが現代のゴルフ史に残る偉業であることを実感しませんか?」

パドレイグ・ハリントン
「メジャーであと1勝を上げて通算3勝なら、この人達に並びますよ、と言われると信じられない気持ちになります。昔から憧れてきた偉大な選手と比較されるなんて光栄です。でも、今は先のことは考えず、自分のゴルフに集中することだけを心がけたいと思います。そしてキャリアの終わりに、我ながらよくやったと思えたら最高です」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。