ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

個々の点数は低いけど… チームとしては「80点!」

世界28ヶ国の頂点を決める「オメガミッションヒルズワールドカップ」初日、日本代表として出場している今田竜二谷口徹が抜群のチームワークを見せた。この日は、互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用するフォアボール形式。2番パー3で谷口がティショットをグリーン右バンカーに打ち込むが、今田がピン右奥3.5メートルにつけてバーディを奪取。3番パー5でも今田がグリーン手前ラフからの3打目を寄せてバーディ。続く4番パー4では、今度は谷口がグリーン奥カラーから13メートルをウエッジで直接ねじ込んでバーディを奪い、力強いガッツポーズを見せた。

「あれでホッとした」と谷口が振り返れば、今田は「今日は僕はダメでしたが、谷口大先生が決めるところを決めてくれた。あれで気分的にのれたと思う」と先輩を称えた。「今日はすごく良い噛み合いを感じました」という谷口の言葉通り、その後も3バーディを奪った日本チーム。今田は「僕は今日1日、良くなかった」というものの、最終18番はノーボギーフィニッシュがかかる2メートルのパーパットを沈め、「明日の勢いにも関わってくるし、最後に気持ちいいのが入ってくれて良かった」と胸を撫で下ろしていた。なによりノーボギーで終えたことに、2人の相性の良さを感じさせる。

この日の点数を聞くと、「チームとして80点はあげてもいいと思います」と谷口。しかし、個々の点数を聞くと「50点から60点」とイマイチ。それだけ、お互いに支えあいながらスコアを伸ばせたという実感が強いのだろう。明日は1個のボールを交互に打ち合うフォアサム形式。いかにスコアを崩さずに終えるかがポイントとなるだけに、よりチームワークが試される1日となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。