ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:10/31〜11/03 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

2019年最後の米ツアーは11位 松山英樹の次戦は宮崎

2019/11/03 18:14


◇世界選手権シリーズ◇WGC HSBCチャンピオンズ 最終日(3日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7264yd(パー72)

松山英樹は2019年の米ツアー最後の出場試合を11位タイで終えた。初日3オーバー70位タイの出遅れから「67」、「68」、「67」と好スコアを並べた。最終ラウンドもバックナインで5バーディ(トータル7バーディ、1ダブルボギー)を奪取。次戦は日本ツアー「ダンロップフェニックス」(21日開幕、宮崎・フェニックスカントリークラブ)となりそうだ。

<< 下に続く >>

2バーディを奪って迎えた8番、大トラブルに見舞われた。左ドッグレッグのパー5は「嫌いなホールのひとつ」。振り切った1Wから放たれたボールは右のやぶに消えた。3打目でなんとか横のフェアウェイに脱出し、5オン2パットのダブルボギー。「流れを切ってしまった」と悔やんだが、「ああいうミスが4日間で1回しか出なかったのはすごく大きい。そこは本当にプラス」と8番のティショットのミスは引きずらない。見せ場は終盤に待っていた。

13番で3mを沈めたのをきっかけに一気に4連続バーディを決めた。15番ではチップインバーディで沸かせ、最終18番(パー5)は残り230yd、池越えの2打目をきっちりのせて2パットのバーディフィニッシュ。韓国、日本、中国とアジア3連戦目の初日は腰回りのコンディション不良に苦しんだが、「体調が良くなったのがすごく大きいと思いますし、改めて体調の管理が大事だなと思いました」とうなずいた。

2019-20年シーズンは進行中だが、松山にとっては今大会が年内最後の米ツアー出場試合だった。「2年くらいうまくいかないショットが続いていたけど、ここにきてだいぶドライバーが安定してきた。3試合くらい続いているので、すごく良かった」と復調の兆しを感じている。

とはいえ、長期のオフに入れないのがインターナショナルプレーヤーの宿命。2週後の国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」は「出ようと思っていたんですけど、今回腰が痛くなったのでやめようと思う」と回避する意向を示した。「ダンロップフェニックス」を経て、12月に世界選抜の一員として「プレジデンツカップ」(オーストラリア・ロイヤルメルボルンGC)に出場する。

「まあ、毎年のことなので。一年やっていれば痛いところはどこかに出てくると思うけど、ちゃんとプレーできている。ひどくならないように休憩が必要。トレーニングも必要だと思うのでやっていけたら」。12月までタフに戦い抜く。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!