ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズが単独首位で最終ラウンドへ 松山英樹は3打差2位

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 4日目(27日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

午前6時30分に開始した第3ラウンドが終了し、4打リードの単独首位から出たタイガー・ウッズが「66」で通算16アンダーとしてその座をキープ。6バーディ、2ボギーの内容で後続に3打差をつけ、正午より組み替えなしで順次スタートしている最終ラウンドに進んだ。

<< 下に続く >>

第3ラウンドと同じく最終組に入るウッズは午後2時にスタート予定。日没により順延となった場合、翌28日(月)に最終ラウンドの残りが行われる。

ウッズに4打差でスタートした松山英樹は6バーディ、1ボギーの「65」と伸ばし、通算13アンダーの単独2位で最終ラウンドへ。2017年8月「WGCブリヂストン招待」以来のタイトルに向けて、最終組の1組前からウッズの背中を追う。

通算12アンダーの3位にゲーリー・ウッドランド。通算11アンダーの4位にビリー・ホーシェルザンダー・シャウフェレコーリー・コナーズ(カナダ)の3人が並んだ。

松山に次ぐ日本勢は、通算6アンダーの15位に小平智。通算5アンダーの20位に大槻智春、通算4アンダーの23位に石川遼が続いた。

<3R終了時の上位成績>
1/-16/タイガー・ウッズ
2/-13/松山英樹
3/-12/ゲーリー・ウッドランド
4T/-11/ビリー・ホーシェルザンダー・シャウフェレコーリー・コナーズ
7/-10/ロリー・マキロイ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!