ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズは単独首位で折り返し 会場外からの声援も後押し

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 3日目(26日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

タイガー・ウッズが7バーディ、1ボギーの「64」で回り、通算12アンダーで単独首位に立った。悪天候の影響により、無観客試合で行われた第2ラウンド。ウッズを驚かせたのは会場外からの声援だった。

出だし1番で2m弱のバーディパットを沈めて幸先良くスタートを切ったが、続く2番でピン奥から打ったパーパットがカップになめられ、ボギーを喫した。大会初日に飛び交っていた声は一切なく、静けさが漂うなか刻々とプレーは進められた。

そんな静寂を切り裂いたのは、ウッズが4番のティイングエリアに上がった時だった。左サイドのコース外から「タイガー!」とフェンス越しに叫ぶギャラリーの姿があった。

さらに後半13番のパー3に着くと、またもやコース外の道路からギャラリーが顔を出し、タイガーコールが飛び交った。ショット後には「In the hole(カップに入れ)」や「ナイスショット」という声援が後押しするかのように、ピンまで残り3mに落としてバーディを奪取。「いないと思っていたのでちょっとびっくりしました。力になったよ」と感謝した。

「コースが柔らかくて、グリーンのスピードもいい。ボールを手前に落とすことができて、アイアンの調子が良い」と満足げな表情を見せた。あす第3ラウンドはゲーリー・ウッドランドキーガン・ブラッドリーと最終組で回る。18ホール終了後、続けて最終ラウンドに突入する見通しで、「長い一日になると思う。(最終ラウンドが残るとみられる)月曜日に向けていいポジションにいられれば」と優勝争いで大観衆を沸かせる。(千葉県印西市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。