ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

「タイガークリニック」その内容は?

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 初日(24日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

タイガー・ウッズが初日のホールアウト後、テーラーメイドゴルフ主催の「クリニック」で、様々な技術を披露した。約30分間にわたり行われ、ドライビングレンジに集まった大勢のギャラリーは目を輝かせて見入っていた。

初めに、インパクト後のフォロースルーの手の位置で高弾道と低弾道の打ち分ける方法を紹介。「高い球を打ちたいときは肩の上まで持ってくる。低い球はあばら骨のあたりで止める」と言った具合に実際にボールを打ちながら説明した。

続いてドローボールとフェードボールの打ち分け方。右から左に曲がるドローを打ちたいときには、アドレス時にボールひとつ分右に置くことで、インサイドアウト軌道でヒットするためドロー回転になる。逆にフェードの時はボールをひとつ分左に置くことで、アウトサイドイン軌道になるためフェード回転になるというもの。

フォロースルーとボールの位置を変えるだけで、高いドロー、低いドロー、高いフェード、低いフェードをいとも簡単に打ち分け、ギャラリーからは歓声と拍手が巻き起こった。質疑応答のコーナーでは「プッシュアウトの癖を直す方法は?」などの質問に丁寧に答えた。

最後にロブショットを披露。「ウェッジのフェースを地面と平行になるように開き、トップラインを地面に滑らせるようなイメージ」とふわりと浮かせたボールを20yd先のターゲットにピタリと落とすと再び歓声が上がり、ウッズも得意げな表情を見せた。集まったファンにとっては貴重な時間となった。(千葉県印西市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。