ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「何を持っても…」松山英樹は最終日へショット修正2時間

2019/10/06 10:28


◇米国男子◇シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン 3日目(5日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

今週初めてのボギーを含む5バーディ、2ボギーの「68」。通算10アンダーとした松山英樹は38位へ順位を落とし、「自分でもすごく期待していたけど、崩れたのでちょっとしんどい」と、突如フィーリングを失ったショットに呆然とした。

1番はバーディ発進。だが、「4、5番くらいからはどうしようもない状態だった」と打ち明けた。「何を持っても、まっすぐ飛ぶ気がしなかった。アプローチでも、ミスをしそうな雰囲気が出ていた」という。

209ydの第2打を6Iでピンに絡めた16番(パー5)も「結果的には良かった」というだけ。17番(パー3)では右に切られたピンに対し、7Iのティショットを左奥の池へ落として「ああいうミスが出ているようじゃ話にならない」と切り捨てた。

初日、2日目のショットも万全ではなかったが、ラウンド途中の修正で切り抜けられた。だが、「きょうはアジャストできるレベルじゃなかった」と、最後まで手がかりをつかめなかった。

日によって良かったり、悪かったりとショットの調子がばらつくのは「基本的に何かがずれているから」というのが松山の見立て。「根本的なものが良い状態に戻ってくるようにやっている」と、この日もホールアウト後に練習場へ直行し、強い日差しが照りつける下で2時間弱、休みなく球を打った――。それでも、なかなか手がかりをつかめずに、最後はあきらめるようにパッティンググリーンへと向かった。

最近、松山はスマホで他選手のスイング動画をよくチェックしている。「自分がやりたいこと、やっていることに近い選手が一人いた」と教えてくれたが、その選手が誰なのかは明かさなかった。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。