ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ウィンダム選手権
期間:08/01〜08/04 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

シーズン“最後”に… 小平智は「手応え感じる」4アンダー発進

2019/08/02 08:27


◇米国男子◇ウィンダム選手権 初日(1日)◇セッジフィールドCC (ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

小平智がシーズン最後となる可能性がある一戦で上々のスタートを切った。午前中に4バーディ「66」を記録して4アンダー。夏場に入って感じている復調傾向をスコアに示し、首位と4打差の27位タイで滑り出した。

過ごしやすい早朝スタートで小平はリズム良くプレーした。前半5番(パー5)までに2バーディを決め、初めてパーオンを逃した7番(パー3)では2mをしっかり沈めてボギーを回避。この日、1Wを握ったのが6ホールというコンパクトなコースを危なげなく回った。

「1カ月くらい前から、だいぶ調子が上がってきたと言っていたけれど、それが徐々に形になってきた」。1Wショットの不快感に端を発した不調は、各クラブのつながりを悪くしていたが、過去の映像を振り返るなどして微調整を続けてきた。

3打目でウェッジを握った9番でチップインバーディとして折り返し、ほかにパーオンを逃した4ホールはすべて “寄せワン”パーを拾った。「今はアプローチもショットと同じようにやっている。昔はSWからドライバーまで同じ感覚で打っていた。その感覚で最近、打てるようになってきた」と、18ホールを悠然と歩いた。

今大会は昨秋に開幕したレギュラーシーズンの終わり。フェデックスポイントランキング上位125人が進む次週からのプレーオフシリーズを前に、小平のランクは185位。大会3位以下だと今季終了となるが、来月には新シーズンが始まるため、落ち込んでもいられない。「自信がつきますし、手応えを感じています」と前向きだ。

直近の出場試合だった2週前の「バーバゾル選手権」では、初日「65」で今季最高のスタートを切り、2日目の「72」で後退した(最終成績は53位)。今週はその時に続くノーボギーの第1ラウンドで、シーズン2度目の60台での発進だ。芽の強いグリーン上で取りこぼしもあっただけに「きょうはもうちょっと行けたかなと。2日間で10(アンダー)くらいは行きたい」。午後スタートの2日目も勢いを持続させたい。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。