ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

コース変更もWGC初優勝の追い風に ケプカが年間王者へ弾み

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(28日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7237yd(パー70)

大舞台での強さも、世界ランキング1位が備える資質なのだろう。2位から出たブルックス・ケプカが「65」でプレーしてロリー・マキロイ(北アイルランド)を逆転、通算16アンダーとして世界ゴルフ選手権(WGC)初優勝を飾った。

昨秋の「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」、5月「全米プロゴルフ選手権」に続き、米ツアーでは自己最多となるシーズン3勝目。同年にメジャーとWGCを制したのは2016年のダスティン・ジョンソンに続いてツアー史上5人目となり、メジャー通算4勝の華々しいキャリアに新たな勲章を加えた。

今季からメーンスポンサーが変わり、装いを新たにした今大会は、会場を昨季まで通常大会の「フェデックス セントジュードクラシック」が開催されていたTPCサウスウィンドに移動。この変化も、ケプカにとってWGC初優勝への追い風になった。同大会は例年「全米オープン」の前週にあり、スキップする選手が多い中、ケプカは2014年から5年連続で出場。勝利こそなかったものの15年に3位、16年に2位と好成績を収めてきた。

「僕はこの場所が大好きなんだ。5年続けてプレーをしてきたから、ツアーでもっとも知り尽くした場所のようにも感じている。そして、こうやって勝つことができた。特に今はWGCになったわけだからね。信じられない気分だよ」

2週後には年間王者を決めるプレーオフシリーズ(全3試合)がスタートする。ケプカはポイントランキング1位で初戦を迎えることが確定。次週のレギュラーツアー最終戦「ウィンダム選手権」はスキップし、初の年間タイトルに向けて準備を整える。「そんな先のことは考えていなかったけれど、成し遂げることができれば素晴らしいことだ」。最高のフィナーレに向けて、ツアー最強の男がこれ以上ない弾みをつけた。(テネシー州メンフィス/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。