ニュース

米国女子エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

最終18番で悲劇 ダブルボギーでメジャー初優勝スルリ

◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 最終日(16日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71)

歓喜の瞬間を迎えるはずだった18番は、一転して悲劇の舞台へと変わった。エイミー・オルソンは1打リードの単独首位で入った最終ホールをダブルボギーとし、優勝スコアに1打届かない通算11アンダーの2位で終戦。1組前でプレーを終えていたアンジェラ・スタンフォードに逆転を許し、ツアー初優勝をメジャーで飾る絶好のチャンスを逃した。

「意図的にリーダーボードは見なかった」と、単独首位にいることは知らずに最終ホールに入ったというオルソン。1打目、2打目と左ラフを渡り歩き、3打目を打つ前にキャディに初めて自分のポジションを聞いた。「これは、どうしてもグリーンに乗せておく必要がある」。8番アイアンでカット気味に打った3打目をピン左手前の段下ながら確実にグリーンに乗せ、約13mのパーパットを残した。

2パットでもプレーオフに持ち込めたが、「明らかに積極的に打ちすぎた」というファーストパットはカップを4mオーバー。返しも左に外して3オン3パットのダブルボギーとし、右手でパターヘッドをパシリと叩いて悔しがった。

パニーラ・リンドベリ(ANAインスピレーション)、ジョージア・ホール(全英リコー女子オープン)に続く、今季3人目となるメジャーでのツアー初優勝は惜しくも逃したが、「残念だけどメジャーでのベストフィニッシュだし、とてもポジティブです。素晴らしい一週間だった」と、ツアー参戦5年目の26歳は潔かった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 エビアン選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。