ニュース

米国女子ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&Gの最新ゴルフニュースをお届け

「チャンスあると思っていた」 畑岡奈紗の優勝会見

2018/06/25 11:47


畑岡奈紗が米ツアー初優勝を挙げた。日本勢の米ツアー制覇は、昨年4月の野村敏京以来。19歳162日での初勝利は、日本勢最年少となった。

優勝会見での一問一答は以下の通り。

―感想は
プロ転向し米ツアーで2年以内に勝ちたいと思っていた。達成できて良かった。

―開幕前からチャンスはあると
3日間大会で日本人に向いているコースだと思っていた。自分にチャンスはあると思っていた。

―実感は
まだ湧いてこないけど、目標を達成できて良かった。

―緊張はしたか
競ってスタートするのはあんまりなかったので、どういう風になるのか分からなかった。ただ1ホール1ホール、集中してできたと思う。

-同組選手は苦戦した
本当に自分だけのプレーをしようと思っていた。ただ誰でも悪い流れになることはある。自分はそういう風な流れにならないようにと思っていた。

-ハーフターンで5打リード
まだ5打差だと、逆転があり得ると思っていたので、安心はできなかった。

-きょう優勝が見えたのは
後半15番で長いバーディが入ったのは大きかった。

-スコアの目標はいくつだった
20アンダーを目標にしていた。17番で20アンダーにできて、最後もチャンスになって21アンダーにすることができて良かった。

-昨年と今年の違いは
自分のショットが今年は良くできていて、去年はスイングを良くしようと変えた結果がうまくいかなかった。一番の違いはショットが良くなったことです。

-去年の不調から立ち直った
昨年はシンプルなことで考えすぎていた。一回日本に帰って優勝できたことで、勝てるという自信になった。ショットの良い状態を継続できている。自分の悪い癖が分かってきて、悪くなったときに修正できるようになったのも大きい。

-強敵相手だったが
レキシー(トンプソン)やミンジー(リー)の2人に最終組で勝てたのは良かった。

-来週はメジャー
またコースに行ってグリーンのスピードに慣れたい。毎週そのようにやっていけたら良いと思う。
(アーカンソー州ロジャーズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。