ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全米女子オープン
期間:07/13〜07/16 場所:トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)

「悔しい思いの方が…」宮里藍は粘りの予選通過

2017/07/15 10:24


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 2日目(14日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72)

宮里藍は一時、予選通過圏外の通算3オーバーに落ちながら、上がり4ホールで2バーディを奪って週末の切符をつかんだ。ロープの外から観戦した父・優氏が「心臓が飛び出るかと思った」という緊張感に包まれた中での予選突破にも、宮里は「悔しい思いの方が強い」ともどかしさを口にした。

<< 下に続く >>

イーブンパーから出た2日目は、雨が降ったりやんだりする中でのラウンド。7番(パー3)で池につかまりダブルボギーとし、前半を2オーバーで折り返すと、13番でUT4での2打目を手前のバンカーに落としてボギーとし、通算3オーバーに後退した。

宮里が想定していたカットラインは3オーバー。だが、実際は2オーバーがそのラインだった。気づいたのは、15番(パー5)のバーディパットを沈めた後。16番、17番と2m弱のパーパットを沈めてライン上でこらえ、最終18番(パー5)で3mを沈めてバーディとし、決勝ラウンド進出を確定させた。

通算1オーバー41位と最低限の目標はクリアしたが、「この2日間は4つ、5つ(アンダーが)出たラウンドだったし、そう考えると優勝争いに加わっていてもおかしくない内容だった」と、やはりグリーン上でのパフォーマンスに引っ掛かるものがある。

後半は「エイミング(狙い)だけしっかりしようと思ってやったら、ちょっと良かった。特にショートパットはよく入ってくれた」と新たなヒントをつかんだが、求めるものはさらに上だ。

「これが結果だし、これが現実。戦えているけど、戦えていないというもどかしい中でスコアメークしていくしかない。予選を通ったことであすから少しシンプルにできるかなと思うけど、それが良い方に行ってくれれば」と、自力でつかみ取った週末に希望をつないだ。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!