ニュース

米国女子マラソンクラシック by オーウェンスコーニングand O-Iの最新ゴルフニュースをお届け

上原彩子 2季ぶりトップ10へ好位置「笑顔で終われるように」

2016/07/17 10:46

米国女子ツアー「マラソンクラシック」3日目、上原彩子は4バーディ、2ボギーの「69」(パー71)でプレーし、2ストローク伸ばして通算5アンダーとした。順位こそ19位と変わらなかったが、今季初のトップ10フィニッシュを視野に最終日を迎える。

ピン手前3.5mにつけた6番(パー3)でバーディを先行。続く7番(パー5)では7Iで放った3打目がグリーン手前に着弾すると、ピン左70cmまで転がり、2連続バーディをもぎ取った。

1オンも狙える9番では、ティショットは惜しくもグリーンに届かなかったが、アプローチをピン奥にピタリと寄せてバーディを奪い、前半に3つ伸ばして折り返した。後半は11番で、ピン手前4mのチャンスから3パットのボギーをたたくなど、1ストローク落とした。

「後半は良い感じでプレーできず残念だったが、全体的には2アンダーで少し伸ばせた」と振り返った上原。「明日もしっかり伸ばして頑張りたい。もっといっぱい良いプレーをして、笑顔で終われるようにしたい」と前を見据えた。

キム・ヒョージュ(韓国)が通算15アンダーまで伸ばし、首位の背中こそ遠いが、3日目終了時点のトップ10圏内までは2打差。10位以内で最終日を終えることができれば、4位に入った2014年11月の「ミズノクラシック」(現TOTOジャパンクラシック)以来となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マラソンクラシック by オーウェンスコーニングand O-I




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!