ニュース

米国女子キングスミル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 キングスミル選手権
期間:05/19〜05/22 場所:キングスミルリゾート・リバーコース(バージニア州)

「プレッシャーを求めていた」首位発進の宮里美香が取り戻した集中力

2016/05/20 12:30


米国女子ツアー「キングスミル選手権」初日、宮里美香が7バーディ、1ボギーの「65」(パー71)をマークし、2位を1打リードする単独首位の好スタートを切った。

インから出た宮里は13番(パー3)で、ティショットが「もう少しで入りそうだった」とピンそば30cmにつけ、一つ目のバーディを奪取。「リズムが良くなって、良いスイングを意識したら4連続が来た」と、15番から18番までバーディをつるべ打ちして、リーダーボードを駆け上がった。

<< 下に続く >>

開幕前日に降った雨の影響で柔らかくなったグリーンも影響し、UTを多用した第2打はしっかりとグリーンをとらえた。後半は3番をボギーとしたが、6番、8番をバーディとして、計7つのバーディを量産。今年1月の開幕戦「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」に続き、今季2度目の首位発進とした。

「まだ初日。プレッシャーのかかる状況を求めていたので、あした以降も楽しみ」と先を見据えた言葉の裏には、意欲を示していたリオデジャネイロ五輪出場への焦りもある。今季はここまで10戦に出場。予選落ちは3月の「キア・クラシック」の1回だけと安定したプレーは続けているが、最高順位は15位と上位争いからは遠のいている。

リオ五輪日本代表には、7月11日時点の世界ランク上位2人が選ばれる見込みだ。宮里は今月初旬に日本勢3番手に後退した。「4月までは五輪を意識しすぎて、自分のゴルフができなかった」と言うが、現在は「でもそれ(五輪出場)がすべてではなく、ひとつひとつの試合で成績を残すこと」とフォーカスすべき点を改めた。それが、今週の“集中力”につながっているという。

「自分が一生懸命やれば結果はちゃんとついてくる」――約3週間ぶりの米ツアーの舞台。「集中力をさらに高めて、自信を持って臨みたい」と、目の前の1打、先にある五輪への望みを懸けて、残り3日間の戦いに挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 キングスミル選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!