ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米女子オープン
期間:07/09〜07/12 ランカスターCC(ペンシルバニア州)

サスペで明暗 5位浮上の葭葉ルミと、予選落ちの成田美寿々

ペンシルバニア州にあるランカスターCCで開幕した海外メジャー第3戦の「全米女子オープン」は、初日に悪天候のためサスペンデッドを余儀なくされた。それに巻き込まれた葭葉ルミ成田美寿々の明暗が、くっきり分かれた。

“明”は葭葉だ。初日に13番(パー5)のティショットまで打ち終えて2オーバーで宿舎に戻ると、翌早朝の再開後に同ホールの3打目を1m弱につけてバーディ奪取。15番でも手前3mからのバーディパットが「外れたと思ったけど、昨日よりグリーンが全然速かったので、その分入ってくれた」とカップに届き、2バーディを取り戻してイーブンパーでホールアウト。

「このコースはアップダウンがあるから、構えたときに目線の高さが変わっていた。それを意識したら、ショットがすごく良くなった。私にとっては恵みの雨」と葭葉は言う。続く第2ラウンドは、4バーディ、2ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算2アンダーの5位タイまで順位を上げて、初メジャーで堂々の予選通過を成し遂げた。

謙遜から“お気楽チーム”を自認する葭葉は、3日目の目標も当然「お気楽に楽しみたい」だ。

“暗”は成田。来年のオリンピックを視野に入れ、気合い充分で臨んだが、悔しい結果が待っていた。

13番で4mのパーパットから再開となった2日目は「気持ち良くパチンと打った3パットのダボから始まって…」。第1ラウンドの残り5ホールで、6ストロークを落としてしまう。

続く第2ラウンドは「5アンダーか5オーバーじゃないけど、それしか予選通過がないのでアグレッシブに攻めた」というが、2ラウンド続けての「79」。「自分の良さが出せなかった」と肩を落とした。

脳裏を付きまとったのは、試行錯誤を続けていたグリップだ。元々、スクエアグリップだったという成田だが、最近徐々に左手がかぶるフックグリップになってきて、4週間前に優勝した「サントリーレディスオープン」も、「なんとかごまかしきった」と打ち明けた。

今大会に向けて修正を試みていたが、日本と違ってペタッとしたベント芝のフェアウェイから打つロングアイアンは、高いショットの完成度が求められる。「やらなくちゃ。でも、やっぱり戻そう」とグリップで揺れ動く合間に、大会が終わってしまった。

「1年に1回の全米女子オープンが2日で終わったってしまったのが悔しいけど、ここは自分を向上させてくれるコース。まだまだ、上手くなる部分はたくさんあると思いながら回っていた」と振り返った成田。スコアでは打ち負かされても、気持ちまでへし折られることはなかった。(ペンシルバニア州ランカスター/今岡涼太)

関連リンク

2015年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストには勝みなみプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~