ニュース

米国女子コーツゴルフ選手権 by R+L Carriersの最新ゴルフニュースをお届け

米女子開幕戦のコースは難所続き? 世界の名物ホールを再現

米国フロリダ州で28日(水)に初日を迎える米国女子ツアー「コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers」は、フロリダ特有のフラットな地形に広がるゴールデンオカラGCが舞台。日本ではほぼ無名なコースという認識だが、海外メジャーで数々のドラマを生んできた“名物ホール”が随所に再現されているのが面白い。

例えば11番(パー3)は、「マスターズ」の開催コース、オーガスタナショナルの最難関“アーメンコーナー”の1つとして知られる12番を再現。奥行きが狭いグリーンの手前には池とバンカー、グリーン奥にはアゼリアが植え込まれたお馴染みの光景が広がっており、ヤーデージもほぼ同じに設定されているこだわりようだ。

公式ページや他サイトの情報を総合すると、再現ホールは以下の8ホールとなっている。

ホール再現したコース
4番(パー3)ロイヤルトルーン8番
5番(パー5)ミュアフィールド9番
6番(パー3)オーガスタナショナル16番
11番(パー3)オーガスタナショナル12番
12番(パー5)オーガスタナショナル13番
13番(パー4)セントアンドリュース17番
14番(パー4)セントアンドリュース1番
15番(パー3)バルタスロール4番

宮里美香のキャディを務める加藤大幸さんは、かつて石川遼のエースキャディとしてオーガスタナショナルは熟知している。11番について尋ねると「グリーンの傾斜もわりと再現されていた」というから、その精度の高さはホンモノのようだ。

この日イン9ホールで練習ラウンドをした宮里も「11番はグリーンの縦幅が狭いので、上からボールを落とさないといけない。奥のラフにいくと、フロリダ特有の芝が難しい」と、難度の高さを認める。他の再現ホールも含め、世界の難関ホール攻略が勝負のカギを握るかも?(フロリダ州オカラ/塚田達也)

関連リンク

2015年 コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~