ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

有村は124位と出遅れる 横峯72位、アマ森田24位/米ファイナルQT 初日

米国女子ツアーの来季出場権を争うファイナルQTが現地3日(水)、フロリダ州デイトナビーチのLPGAインターナショナル(ジョーンズ&ヒルズコース)で開幕。3人がエントリーしている日本勢は、アマチュアの森田遥(ジョーンズコース)が1アンダー24位で最高位。横峯さくら(ジョーンズコース)は1オーバー72位、有村智恵(ヒルズコース)は4オーバー124位と出遅れた。

セカンドQTを突破して今週に進んだ森田は後半4番でダブルボギーを叩きながらも、7番でチップインを決めるなど5バーディを奪ってのアンダーパー発進。「7番はたまたま。運がついてきたかなと思う」と、まずまずのスタートに安堵の笑顔を交えた。

米ツアー初挑戦となる横峯は「今日はショットがすごく悪くて、自信を持って振れなかった」とスコアメイクに苦しみ、3バーディ、4ボギー。「スタート前は5アンダーを目標にしていた」という数字はクリアできなかったが、前半5番、後半17番でいずれもバンカーの縁に突き刺さり、2回のアンプレヤブルを強いられる不運もありながら「よく1オーバーで済んだ」と粘りを評価。「1つでも縮められるように頑張りたい」と、2日目以降への巻き返しを誓う。

また、5位で通過した12年に続き2回目のQT参戦となる有村は、アウトの2連続ボギー発進から立て直せないまま、2バーディ、6ボギーの内容。「出だしからつまずき、取り戻すこともできず、チャンスにもほとんどつけられず。苦しかった」と出遅れを悔やんだ。

トップはケーシー・グライスで6アンダー。タイガー・ウッズの姪、シャイアン・ウッズは4アンダーの5位タイと好スタートを切った。

当最終予選会には154人が出場。7日(日)までの5日間で行われ、4日目72ホール終了時点の上位70位タイまでが最終ラウンドに進出する。予選会を終えた上位20人に来季フルシーズンの出場権、同21~45位までには、優先順位が低い条件付きの出場権が付与される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。