ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 場所:パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

ドタバタ到着 渡邉彩香は「なんとか滑り込み」

2014/06/18 10:04

憧れのメジャーへの道のりは、想像以上にキツかった。5月の日本地区最終予選会を通過し「全米女子オープン」に初出場する渡邉彩香は、渡米中のドタバタの末に会場のノースカロライナ州パインハーストNo.2に辿り着いた。

前週日曜日まで「サントリーレディスオープン」を戦った渡邉は、翌16日(月)にワシントンD.C.経由の航空機で、現地時間同日夕方には、コース近隣のローリーダーラム国際空港に到着する予定だった。しかし成田発の便が遅れた関係で、乗継に失敗。急遽同じノースカロライナ州シャーロット行きの路線に変更したものの、ワシントンでこの便がまたも遅延。結局宿舎についたのは、深夜2時だった。

相次ぐトラブルの結果、大量の荷物がワシントン、ローリーダーラム、シャーロットの3か所に分散された。関係者が車を走らせて取りに行ったキャディバッグと対面した時は「ああ、よかった~って、思わずすぐに開けちゃいました」と一安心。そのままベッドに入ったが、朝はちょっぴり寝坊して、17日(火)の午前10時が期限のレジストレーション(出場登録)には「なんとか滑り込み」で間に合った。

ハードな移動を経て、この日は18ホールの練習ラウンドを敢行。6,649ヤード(パー70)のロングコースにも、渡邉は動じなかった。抜群の飛距離性能は健在で、458ヤードの16番パー4では第2打もウッドを使う選手が多い中、「ドライバーが今日イチの当たりで、8番アイアンだった」と、屈託なく笑った。

「合わなければとことん食べない」という食事面も、お米に炊飯器、鮭フレークといった日本食を持ち込み、不安を解消した。ちょっと寝坊したのに、朝も温かい味噌汁をすすってきた。「自分の飛距離やショットがどれくらい通用するか。海外のメジャーは去年までは見ていた世界。(女子オープンは)やっぱり一番大きい大会だと思います。世界ランクトップの選手と回れたら」。体はヘトヘトでも、心は期待でいっぱいだった。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。