ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック
期間:05/23〜05/26 場所:ジ・オーシャンクラブGC(バハマ)

コース不良のバハマ 第1ラウンドは12ホールに短縮

大会開幕前の豪雨の影響を受け、コースが水浸しになっていたバハマのジ・オーシャンクラブGCで行われる米国女子ツアー「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」が、異例の変則ラウンドで開催される運びとなった。

第1ラウンドは中止として54ホールの短縮競技となることが決まっていたが、ツアーは23日(木)、選手たちに続報を説明。24日(金)はコースレイアウトを変更し、18ホールのうち12ホールを使用。コースの回復具合を見て、プレーするホールを増やしていくが、競技成立となる36ホールの消化を3日間で目指こととなった。

<< 下に続く >>

マイケル・ワンLPGAコミッショナーは「こういう自体になった時は、全員がひとつになって決断しなくては。この決定を気に入らない選手もいるだろうが、フェアな条件のはず。どんな代替案よりも優れていると思う。全選手が3日間、同じホールをプレーできるのだから」とコメント。この日は水没しているコース上で魚釣りをしていたステーシー・ルイスも「その日の終わりには全員が同じホール、同じコースをプレーして、スコアが作られるはず。これもゴルフトーナメント」と気丈に話した。

1963年以降、同ツアーで36ホール競技となったのは過去に15回。また、1ラウンドが18ホールを満たさなかったケースは、豪雨に見舞われた89年の「ケンパー・オープン」で16ホール競技とした例がある。

なお、今大会は予選カットが無くなったが、70位タイまでの選手が賞金を手にする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!