ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

今日の不動裕理/私の中では凄く良かったので納得です!

2007/03/30 09:00


日本勢4人の中ではもっとも経験豊富な不動裕理が好スタートを見せた。この大会5度目の挑戦となる不動は、確実に成績を上げてきた。迎えた初日、午前8時30分にスーザン・ペターソンと1番ホールからスタート。

その1番で6メートルのバーディパットを沈め幸先の良いスタートを切った。さらに2番パー5でも3打目でピン2メートルにつけ確実のバーディを奪った。ところが、3番でボギーを叩くと、4、5番の3連続ボギーで一気に1オーバーまで後退。この日の不動は出入りの激しいゴルフとなった。

<< 下に続く >>

前半を4バーディ、4ボギーのイーブンパーで終えた不動は、11番パー5で2打目をグリーンの手前、ピンまで25ヤードに運んだ。そしてサンドウェッジを選択した3打目、ボールはカップに吸い込まれイーグルを奪った。

再びアンダーパーになり勢いに乗れそうだったが、その後は3つのボギーで1オーバーフィニッシュ。22位タイに入り、昨年の15位タイよりも上位を狙えそうな位置につけた。

「良くはないけど、たまたまラッキーなバーディも一杯あって、1オーバーで納まったので、すごく良かったです。位置よりも、私の中では凄くよかったので納得してます。悪いなりに楽しんで出来ました。

この調子で1オーバーだったので、どこかうまくなってるんだろうねってキャディと話していました。(パットは)今日は下りが多かったので、私が打たなくても転がってくれました。明日はもうちょっとパーがほしいかな。半分以上はパーを取れるようにしたいです」

不動が振り返るように、この日パーを奪ったのは6ホールだけ。ラッキーなバーディ、そしてイーグルが飛び出さなかったら、他の日本勢同様苦しい順位となっているに違いない。このラッキーを2日目以降に上手くつないでもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!