ニュース

米国女子クラフトナビスコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 クラフトナビスコ選手権
期間:03/28〜03/31 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

「ナビスコ選手権」優勝A.ソレンスタム インタビュー

Q.連覇や試合内容の前に、赤い靴には驚きましたけど?

A.今週初めにロッカーに入っていたの。主人からのプレゼントだったんだけど、躊躇はしたわ。でもメジャーでも最終日でも別にいいじゃないって昨日の夜に思って。ちょっと恥ずかしかったけどね。というのもみんなナイスショットというより、靴が素敵ねって言われちゃったから。私のプレーよりも靴の方が注目を浴びちゃったわ。でもパットを打つときに靴が目に入って、笑えたりしてリラックスできたのよ。

Q.メジャーの最終日を初めてカリー・ウェブと周り、また同郷スウェーデンの先輩、リサロッテ・ノイマンとの攻防戦だったわけだけど、その中で安定した(68)は見事でしたね。

A.ありがとう。今日のプレーには本当に満足しているわ。初日、2日目はバーディがあまり取れなかったけど、でも自分のプレーに自信を持てていたの。そして最終日は必要なところで上手くバーディを決められたから嬉しかったわ。カーリーやリサロッテとプレーするのは楽しいから好きよ。それにリサロッテが今日あまりにも凄いプレーをしていたから、彼女が88年の「全米女子オープン」を優勝した時に応援していた事を思い出したわ。

Q.緊張はしませんでしたか?終始落ち着いて見えましたけど。

A.もちろんプレーは前向きに攻めていたけど、私だって神経が通っているわけですから(笑)膝がガクガクする場面もあったわよ。手に汗もかいたしね。私は緊張すると早口になるの。キャディが聞き取れないくらいね。

Q.この大会連覇の重みは?昨年やっと「メジャー離れ」から立ち直ったなどと言われ、しかし今季は早々と連覇。先週は勝てなかったら「スランプか?」などど言われましたが。

A.メジャーで勝ことが練習の目標ですからね。このトロフィーを手に入れるために努力する。やる気も起きる。そしてその優勝を実際に達成できることは言葉では説明できないほどの喜びですね。この喜びのために再びティーグランドに立ちたいと思うし、練習にも励みたいと思うんですよ。

関連リンク

2002年 クラフトナビスコ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~