ニュース

米国女子CMEグループ タイトルホルダーズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 CMEグループ タイトルホルダーズ
期間:11/17〜11/20 グランドサイプレスGC(フロリダ州)

2日目を終えた宮里藍、宮里美香のコメント

宮里藍/通算1オーバー、16位タイ
1番でバーディ発進とするが、4番(パー3)をボギー、5番(パー4)をダブルボギーとしてしまう。後半は10番、11番で連続バーディを奪って取り返すも「74」

「難しかったですね。グリーンも風の影響で乾いてきて、スピードの出るホールもあったし、あとはやはりグリーンが小さいところで横風が強いと、ピンの近くに打っていくことが難しかったので、なかなかタフな1日でした。

(5番、ダボ)セカンドを6番アイアンで左に外し、次のアプローチのロブショットが傾斜でまた戻ってきてしまって。その次のアプローチもちょっとライが悪くて、右3mくらいには寄せたが決めきれず。1.5mの返しのパットを入れてダボ。この芝は柔らかく出そうとするのが凄く難しいので、下をくぐるか、強めに入るかの境目が難しかったです。

(まだまだ巻き返せる)そうですね。差が詰まっているというか、1つ順位が上がれば結構上(位)にいけるので。グリーンの状態はすごくいいので、速さとフィーリング、その辺に気をつければ、もう少し我慢していきつつチャンスをつかんでいけると思います」。

宮里美香/通算2オーバー、21位タイ
3番でバーディが先行するが、前半は3つのボギーを叩いて2オーバー。後半もバーディ、ボギーと一進一退にとどまるも、18番を再びボギーとしトータル「75」

「風が強くて、番手を決めるのも苦労しました。昨日に比べたらタフな計算でした。(4番、では強いフォローの風?)ショートホールはフォローだとほんとに難しくて、アゲインストのほうがまだやりやすい。4番のユーティリティで打ちましたが、転がっていってしまったので仕方ないと。

風の影響がありますね。18番もすごくびっくりしました。こんなところに打って、ここまで戻ってくるのかと思いましたし。でも距離感が一番難しかったです。18番、残り193ヤードくらいを5番ウッドで軽く打ちました。グリーンも結構速かったですし。でもこれがこのホールの難しいところ。我慢して乗り切ったらきっといい結果につながると思っていましたが、ちょっと我慢しきれませんでした。特にグリーン上ですね。

あと2日あるから、私らしいプレーをして頑張りたい。グリーン周りできちんとパーセーブして、チャンスがあればバーディという気持ちで臨みます」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 CMEグループ タイトルホルダーズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。