ニュース

米国女子ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&Gの最新ゴルフニュースをお届け

藍、8位タイも「微妙な位置ですね…」

2011/09/11 10:17


「ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G」の2日目。首位と3打差をキープして8位タイに浮上した宮里藍。「微妙な位置(順位)ですね(笑)、あと1つ、2打差だったらまだチャンスはあるかなと思うけど…。このコースで3打差は、自分がバーディを獲っていかなければならないので。後ろが見えているようで見えていないような位置」とポジションを冷静に分析する。

この日は3番(パー3)で、ティショットがグリーンを外し、湿ったライからのアプローチが寄らずボギー発進。「2日間でボギーが1個ずつなので、内容的には危なげないゴルフができていると思うし、ミスが少ないという点で良いゴルフができていると思う」。充実した2日間のプレーが自信となり、ミスを引きずることなくその後の連続バーディに繋いだ。

宮里のコーチを務めるピア・ニールソン、リン・マリオットがこの日も揃って会場に姿を見せた。「惜しいパットが結構あった」初日から一転、この日はパットが復調。「昨日終わってピアとリンに見てもらって、ボールの位置が少し近すぎるのではという話をしてもらった。少しボールを外側に離したら凄くフィーリングが良くなって、今日はそのフィーリングのまま行けたので良かった」と、“2人の助言”と“自信”が好転へと導いた。

2日目は、首位と3打差も、宮里の上位に7人の強豪選手がひしめく混戦模様を呈している。「周りもスコアを伸ばしてくると思うが、自分は今のショット、パットを続けられればバーディチャンスもまた出てくると思うし、明日は焦らずに1つ1つやっていきたい」と、最終日も自身のゴルフを完遂する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。