ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米女子オープン
期間:07/07〜07/10 ブロードムーア East Course(コロラド州)

首位の美香、藍との最終組対決に「夢のよう」

初日から進行に大幅な遅れが続いている「全米女子オープン」。3日目、5位タイの宮里美香は第2ラウンドを1番ティよりスタート。「ティショットも良くて、セカンドショットもピンに絡むことが多かったし、パットも良かった」という美香は、メジャー仕様のハードセッティングをくぐり抜けるように序盤から快調にバーディを重ねていった。

3番(パー5)で7mをねじ込みバーディを先行させると、続く4番(パー3)ではピンそば50センチに絡めるスーパーショット。さらに5番も1.5mにつけ、「気持ち良かったです」という3連続バーディを奪うと、9番(パー5)、10番も連続バーディ。ボギーは13番の1つにとどめ、5バーディ1ボギーの「67」、通算5アンダー単独首位で第2ラウンドを終えた。

その後に実施された第3ラウンドは、直後の雷雨による中断からそのままサスペンデッドとなり、美香はスタートできず。明日の最終日、第3ラウンドに引き続き行われる最終ラウンドでペアリングの組み替えが行われないため、36ホールを最終組で回ることになる。

同組で直接対決を挑む相手は、1打差で追う宮里藍と、2打差で追う韓国のキム・インキョン。「メジャーで日本勢が最終組で戦えるなんて夢のよう。藍先輩とは久しぶりに一緒に回れるので楽しみだし、良い戦いができると思います」と、その時を心待ちにしていた。初日から続く不規則な時間帯の戦いに追い打ちをかける明日の36ホール決戦にも、「今日36ホールやるつもりだったので、明日の36ホールもぜんぜん気になりません」と意に介していない様子。心身ともに充実した状態で、念願の米ツアー初勝利、そしてメジャータイトル獲得への戦いに臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。