ニュース

米国女子サムソンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 サムソンワールド選手権
期間:10/13〜10/16 ビッグホーンGC(カリフォルニア州)

ルーリングを執行したオフィシャルに電話インタビュー

サムソンワールド選手権

今回のミッシェルの誤所からのプレーというルール違反を判定したルール・オフィシャル、ロバート・O・スミス氏に電話でインタビュー。ロバート・O・スミス氏はLPGAツアーのルール・オフィシャルとして17年のベテラン。

-「今回の事態は貴方にどう通達されてきましたか?」

ロバート・O・スミス氏
「最終日の午後、15番ホールで天候の心配をしていたところでした。ミッシェルたちの組がフェアウェイを通り過ぎていったときに、スポーツ・イラストレーテッド氏の記者、マイケル・バンバーガー氏が僕のところにこられて、3日目に起きた事件について話くれたのです。

彼によると、ミッシェルがアンプレ宣言後のドロップでホールに近づいている可能性があるとのことでしたので、ビデオを見て確認することにしました。2度ほど見ましたが、ビデオからでは決定的なものは得られませんでした。そこで7番に出向き、グリーン上の3日目のピンプレースメントにティーを置いて、ミッシェルのドロップ位置を見たところ、本人に確認する必要があると思い、アテストテントにいるミッシェルを呼んでもらったのです。

本人立ち合いのもと、アンプレを宣言したボールのあった位置、実際にドロップしてプレーを続行した位置を紐で結び、結果ホールに12~15インチ近づいてしまっていたことが判明しました。これは誤所からのプレーとなり、2打罰ですから、スコア誤記での失格となったわけです。我々としても彼女のデビュー戦で残念なことだと思いました。しかしルールに縛られている我々としては、他に選択の余地はありません」。

-「その時のミッシェルの反応はどうでしたか?」

ロバート・O・スミス氏
「普通の16歳の少女がそうであるように、最初は驚いて感情的になってました。でも彼女を責められませんよ。僕も16歳だったら感情的になるでしょうからね。しかし彼女はすぐにしっかりとプロらしく、事態を受けとめていました。ルール・オフィシャルも血の通った人間ですからね、とても辛い判断でしたよ。とても残念な結果でした」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 サムソンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。