ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシック for Simply Giveの最新ゴルフニュースをお届け

カップに蹴られること6回? 古江彩佳がモヤモヤ吹き飛ばすイーグル締め

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック for Simply Give 3日目(15日)◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6556yd(パー72)

我慢し続けた一日の最後にご褒美が待っていた。古江彩佳が18番(パー5)をイーグルで締めくくり、通算8アンダー19位に踏みとどまって3日目を終えた。

<< 下に続く >>

「(キャディの)マイクは6回って言ってました。でも、ホントに数えられないくらい。5回はあったかな…」。苦笑交じりに振り返ったのは、バーディパットがカップに蹴られた回数。カップの手前で切れていく“アマライン”でも、カップを過ぎてから曲がっていく“プロライン”でも、とにかく決まってくれなかった。「どうすればいいんだろうっていう感じではあった」

7番(パー3)でボギーが先行。8番(パー5)で4mのバーディパットがカップに蹴られた。「どこにつけても入ってくれない感じだったので、メンタルはもう崩れそうでしたけど、頑張って『集中、集中』って考えながらやりました」。伸ばし合いについていけず焦りそうになっても、9番の初バーディで少し落ち着くことができたという。

18番は3Wのティショットが左ラフまで突き抜けそうになって、わずかにフェアウェイ側へ戻ってきた。残り234ydで7Wを握ったセカンドはライも気になる状況だったが、ピンまで10mに2オン。少し上って下るフックラインをイメージ通りに流し込み、スタンドから拍手喝采を浴びた。「やっと入ってくれて、(モヤモヤを)払しょくできたかな」とうなずく。

「それ(カップに蹴られたパット)が入ってくれていたら、ビッグスコアもあったと思う。でも、少しでも伸ばせて、少しでも上に近づけた。あしたも集中し直して、ホントに伸ばすだけかなと思います」。2位グループとは4ストロークしか離れていない。(ミシガン州ベルモント/亀山泰宏)

2024年 マイヤーLPGAクラシック 3日目 古江彩佳 ハイライト
2024年 マイヤーLPGAクラシック 3日目 古江彩佳 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

関連リンク

2024年 マイヤーLPGAクラシック for Simply Give



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!